資格は必要なの?

パーソナルトレーナーになるのに、必要な資格はありません

国家資格ではないので、極論「今日からパーソナルトレーナーです!」と名乗れば、誰でもパーソナルトレーナーになることができるのです。

アメリカの団体が発行する「NATA-ATC」は国家資格ですが、あくまでアメリカの資格なので、日本でパーソナルトレーナーになる上で必須とはいえないものとなっています。 そのほか「NESTA-PFT」「NSCA-CPT」など、パーソナルトレーナーとしての知識やスキルを証明する資格はたくさんあります。

しかし、資格がないことによるデメリットも存在することをご存じですか?

無資格でパーソナルトレーナーになることのデメリット

冒頭でもご紹介したとおり、無資格でもパーソナルトレーナーにはなれます。 しかし、それ相応のデメリットもあります。 まず、採用面接では不利になります。無資格と有資格、ふたりのパーソナルトレーナー希望者がいれば、採用側は有資格者を選ぶことが多いでしょう。

またお客さま目線で考えても、資格を持っているパーソナルトレーナーに教わりたいと感じるのではないでしょうか。信頼され、指名されるパーソナルトレーナーになるために、資格はあったほうがよいのです。

信頼されるパーソナルトレーナーになるために

現在学生であれば、体育系の大学や専門学校で、パーソナルトレーナーを目指すことも可能でしょう。しかし中には、社会人になってからパーソナルトレーナーになりたいと考え始めたという方もいらっしゃるはず。そんなときはパーソナルトレーナー養成スクールに入学するのがおすすめです。

養成スクールでは、パーソナルトレーナーに必要な知識やスキルを教えてもらえるほか、資格取得サポートも受けることができます。 また、インターン制度を取り入れているスクールもあるので、実践力を積むことも可能です。ぜひ、取りたい資格に合わせて、さまざまな養成スクールから自分に合った場所を選んでみてくださいね。

未経験からでも資格取得を目指せる
パーソナルトレーナー養成スクール
ASP セカンドパス プロジム
通学期間 2~6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
通える時間 平日:
10:00~22:00
土日:
10:00~22:00
※上記時間内いつでもOK
平日:----
※日曜のみ通学可
平日:
18:00~22:00
土日:
10:00~/15:00~
※決まった時間のみ
通うエリア 銀座(有楽町)
新宿 代々木 恵比寿
横浜 池袋
札幌 名古屋 渋谷
大阪 福岡
大阪