資格は難しい?

パーソナルトレーナーのライセンスには、複数の団体の資格が存在していることはすでにご存じでしょう。

いくつもの資格があると、「それぞれ難易度は違うの?」「団体や資格によって合格しやすい、しにくいはあるの?」といった点が気になるところ。1試験内容やレベルが統一されているわけではないので、難易度もそれぞれ異なります

パーソナルトレーナー資格の難易度

はじめに知っておいていただきたいのは、国家試験ではないからといって、パーソナルトレーナーの資格は「決して簡単ではない」ということ。

もちろん、大学受験のように合格人数が決まっているわけでも、司法試験のように数段階わけてふるいにかけられるわけではありません。運転免許のように、努力したらしたぶんだけ、きちんと結果はついてきます。要は、取得したい資格のレベルにあわせ、しっかりと対策すること。そうすれば、おのずとパーソナルトレーナーの資格は取得できるはずです。

代表的なパーソナルトーナー資格の難易度を可視化してみると……。

【NESTA】難易度:★☆☆☆☆
【JATI】難易度:★☆☆☆☆
【JATA】難易度:★★☆☆☆
【NSCA】難易度:★★★☆
【AT】難易度:★★★★☆

NESTA、JATI、NSCAの受験資格は高等学校卒業以上ですが、ATの場合は2年間の単位取得をしたうえで推薦が必要となり、この時点でかなり難易度があがっています。

また、合格率もNESTA、JATI、NSCAが一様に60%~程度なのに対し、ATは適応コース修了者で10%以下、養成講習会修了者でも約40%の合格率といわれており、付け焼刃の知識や生半可な気持ちでの受験ではまず受かりません。

日本スポーツ協会による、トレーナー系資格の最難関といわれているのもうなずけるでしょう。

そう考えると、NESTA-PFT、JATI-ATIといった資格は受験のハードルが低く、比較的試験内容も他の資格に比べると優しいのではないでしょうか。NSCA-CPTも含め、このあたりのライセンスであれば、取得もそう難しくはないでしょう。

未経験からでも資格取得を目指せる
パーソナルトレーナー養成スクール
ASP セカンドパス プロジム
通学期間 2~6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
通える時間 平日:
10:00~22:00
土日:
10:00~22:00
※上記時間内いつでもOK
平日:----
※日曜のみ通学可
平日:
18:00~22:00
土日:
10:00~/15:00~
※決まった時間のみ
通うエリア 銀座(有楽町)
新宿 代々木 恵比寿
横浜 池袋
札幌 名古屋 渋谷
大阪 福岡
大阪