パーソナルトレーナーの資格ガイド/パーソナルトレーナーになるための有利な資格の種類

パーソナルトレーナーになるための有利な資格の種類

パーソナルトレーナーになるためには、取得しておくと有利になる資格が複数存在します。

ここでは、そのなかから、とくに取得しておきたいおすすめの資格をピックアップ。それぞれの資格の内容や取得する利点、受験する条件、合格の難易度などを紹介していきますので、パーソナルトレーナーを目指す方はぜひ参考にしてみてください。

NESTA-PFT

  • 認定・発行団体:全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(National Exercise & Sports Trainers Association)

NESTA-PFTはこんな人におすすめ

NESTA-PFTはパーソナルトレーナーとしての経験が浅い人に特におすすめの資格。受験のしやすさ・更新のしやすさが魅力の資格であるため、仕事が忙しくて資格試験を受けられずにいる人や、ずっと使える資格がほしいと考えている人にも最適です。

NESTA-PFTの受験資格

  • NESTA JAPANか医学映像教育センターでPTFテキストを購入済であること
  • 定期的にCPR・AEDの技能トレーニングを積んでいること
  • 日本国籍、または日本で就労可能な在留資格を有していること
  • 満18歳以上で高等学校卒業・高等学校卒業程度認定試験合格・NESTAが認定する教育カリキュラム修了のいずれかを満たしていること
  • パーソナルトレーナーやインストラクターとしての実務経験が1年以上・運動指導部かフィットネス企業勤務の経験が1年以上・体育系か医療系の大学または専門学校を卒業・NESTAが認定した養成講座や養成コースを受講済みのいずれかを満たしていること

NESTA-PFTの受験にかかる費用

NESTA-PFTは受講するコースによって料金が大きく異なります。一見すると高額な料金設定に思えますが、事前講習等も含めた料金となっているためコストパフォーマンスは高く、しっかりとした学習が必要となるパーソナルトレーナーとしての知識や技術がない人に特におすすめです。

項目 料金(税込)

受講料

  • ダイレクトコース:72,500円
  • ロングゼミコース:168,500円
  • ショートゼミコース:120,500円
  • WEBコース:107,500円

NESTA PFT テキスト

13,600円

NESTA-PFTの受験しやすさ

会場 東京・名古屋・大阪(WEBコースは会場なし)
試験頻度 月1
事前講習の有無

試験は月1で開催されているため、自分のスケジュールに合わせて受験しやすいです。

また、受験資格のなかにはパーソナルトレーナーとしてのスキルを問う項目もありますが、経験のない人でもNESTA認定の講座等を受けることによって受験資格を満たすことができます。パーソナルトレーナー関連資格のなかではかなり知名度の高いものですので、パーソナルトレーナーとして活動していきたい人にはまずチャレンジしてみてほしい資格です。

NESTA-PFTの更新方法

NESTA-PFTは4年に1度更新が必要です。

更新を行うには、「スペシャリスト資格型」「セミナー受講型」「通信教育型」のいずれかの方法で5単位を取得する必要があります。NESTA-PFTは単位取得の方法が豊富で自分に合った方法を選べるため、更新もしやすい資格であるといえるでしょう。

NESTA-PFTの資格にかかる維持費

更新料20,000円

NSCA-CPT

  • 認定・発行団体:全米エクササイズ&コンディショニング協会(National Strength & Conditioning Association)

NSCA-CPTはこんな人におすすめ

NSCA-CPTは比較的合格率が高く、パーソナルトレーナーとしての経験やスキルが浅い方でも十分な学習を行うことで合格を目指せる資格です。ただし、事前講習がないのでしっかりと独学で勉強できる方におすすめです。

NSCA-CPTの受験資格

  • 出願時と受験時にNSCAジャパン会員であること
  • 満18歳以上で、高等学校卒業か高等学校卒業程度認定試験に合格していること

NSCA-CPTの受験にかかる費用

NSCA-CPTはパーソナルトレーナー関連資格のなかでは受験にかかる費用が少なく、金銭的負担が軽いです。ただし、事前講習はなくテキストも必要に合わせて別途購入する必要があるため、パーソナルトレーナーとしての知識や技術が少ない場合には費用がかさんでしまう可能性が高いです。

項目 料金(税込)

受験料

46,000円

NSCAジャパン会員年会費

  • 学生:11,000円
  • 正会員:13,200円
  • 賛助会員:55,000円

NSCA-CPTの受験しやすさ

会場 全国のピアソンVUEテストセンター
試験頻度 要確認
事前講習の有無

会場や日程は申し込み時にWEBから確認して選択する形となっています。そのため、自分のスケジュールに合わせて受講しやすい点が魅力。事前講習はありませんが、合格率は50〜65%とそこまで難易度の高い試験ではないため、業界未経験者でもしっかりと学習を行えば合格が目指せる内容となっています。

NSCA-CPTの更新方法

NSCA-CPTは3年ごとに更新を行う必要があります。資格の有効期限内に必要単位を取得し、更新期限となったらWEBから更新手続きを行う形です。

NSCA-CPTの資格にかかる維持費

公式HPに記載なし

JATI-ATI

  • 認定・発行団体:日本トレーニング指導者協会(Japan Assosiation of Training Instructors)
  • 受験日程:1年に2回(3月、10月)
  • 受験内容:筆記試験(マークシート方式)
  • 受験会場:東京都ほか、大阪府、北海道、宮城県、福岡県など

NATA-ATC

  • 認定・発行団体:全米アスレティックトレーナーズ協会 (National Athletic Trainers’ Association)
  • 受験日程:要確認
  • 受験内容:要確認
    ※CAATE(Commission on Accreditation of Athletic Training Education)認定のアメリカの大学卒業が必須条件。

日本体育協会公認アスレティックトレーナー

  • 認定・発行団体:日本スポーツ協会(Japan Sports Assosiation。旧日本体育協会)
  • 受験日程:当該年度6月~翌々年3月の受講後
  • 受験内容:理論試験、実技試験
  • 受験会場:日本スポーツ協会(東京都)

JATAC-ATC

  • 認定・発行団体:ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(Japan Athletic Trainers Association for Certification)
  • 登録(認定)時期:年2回(4月1日、10月1日)
  • 受験内容:指定の講習会での単位取得
  • 受験会場:要確認

NSCA-CSCS

  • 認定・発行団体:全米エクササイズ&コンディショニング協会(National Strength & Conditioning Asocation)
  • 受験日程:要確認
  • 受験内容:筆記試験(マークシート方式)
  • 受験会場:全国のピアソンVUEテストセンター

NASM-PES

  • 認定・発行団体:全米スポーツ医学協会(National Academy of Sports Medicine)
  • 受験日程:任意の日程(申し込み後、1年以内に受験のこと)
  • 受験内容:筆記試験
  • 受験会場:任意の場所(オンライン)
未経験からでも資格取得を目指せる
パーソナルトレーナー養成スクール
ASP セカンドパス プロジム
通学期間 2~6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
通える時間 平日:
10:00~22:00
土日:
10:00~22:00
※上記時間内いつでもOK
平日:----
※日曜のみ通学可
平日:
18:00~22:00
土日:
10:00~/15:00~
※決まった時間のみ
通うエリア 新宿 代々木 恵比寿
横浜 池袋
札幌 名古屋 渋谷
大阪 福岡
大阪