NASM-PES

身体機能、パフォーマンスの向上や、怪我の防止を目指す「NASM-PES」の資格。取得難易度や、取得することによるメリットを解説します。

NASM-PESとはどんな資格?

NASM-PESのNASMの正式名称は、「National Academy of Sports Medicine(全米スポーツ医学協会)」です。 続くPESは「パフォーマンス・エンハンスメント・スペシャリスト」の略で、その名のとおり身体機能やパフォーマンスの向上に特化した資格となっています。 また、医学協会が発行している資格なので、怪我の予防を目指すことも目的に含まれている資格です。

NASM-PES資格の受験資格と難易度

NASM-PESの試験の特徴は、オンラインでいつでも受験できることです。 いつでも、自分のタイミングで都合のよいときに試験を受けられます。 受験資格は、以下のとおりです。

  1. 4年制大学(学部不問)または、日本のスポーツトレーナー系、医療系専門学校を卒業している、もしくは卒業見込みである
  2. 米NCCA、NBFE、DETCの認定団体(NSCA、ACS、NESTA、ACSM、AFAAなど)の資格を取得している

NASM-PESの合格率はどれくらい?

合格基準は、試験問題100問のうち70問を正解すること。 合格率は公開されていませんが、試験申し込みから1年以内であれば3回まで再受験ができるので、不合格でも諦めず再挑戦してみましょう。なお、日本ではNASM-PESが展開して4年経ちますが、現在約600名の資格取得者がいると言われています。

NASM-PESの資格を取得すると得られるメリット

NASM-PESは、怪我の原因にもなりうる日頃の姿勢や歩き方の改善知識も得ることができます。 人間の身体のメカニズムを知ることができるので、アスリートのケアはもちろん、高齢者の指導にも強くなれるという特徴があるのです。 パーソナルトレーナーとして、老若男女幅広い人と接したいという場合に、NASM-PESは強い味方の資格となってくれることでしょう。

NASM-PESの資格取得後の進路は?

パーソナルトレーナーやアスレティックトレーナー、鍼灸師、柔道整復師、またはトレーナー系教育機関の講師など、人々の健康や身体と向き合う仕事をしている仕事を目指すのに幅広く役立つ資格と言えます。

未経験からでも資格取得を目指せる
パーソナルトレーナー養成スクール
ASP セカンドパス プロジム
通学期間 2~6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
通える時間 平日:
10:00~22:00
土日:
10:00~22:00
※上記時間内いつでもOK
平日:----
※日曜のみ通学可
平日:
18:00~22:00
土日:
10:00~/15:00~
※決まった時間のみ
通うエリア 新宿 代々木 恵比寿
横浜 池袋
札幌 名古屋 渋谷
大阪 福岡
大阪