NATA-ATC

NATA-ATCとはどんな資格?

 NATA-ATCとは 1950年に設立されたNATAは、世界中のスポーツトレーナーを支援する団体です。「National Athletic Trainers' Association)全米アスレティックトレーナーズ協会)」が正式名称となります。

アメリカをはじめ、海外における知名度はかなり高く、海外でも活躍できるスポーツトレーナーになるためには必須といっても過言ではない国家資格です。NATAは、アメリカ医学会によって認められている、看護士や理学療法士などの準医療従事者と同じ扱いなのです。

NATA-ATC資格の受験資格と難易度

NATA-ATCを取得するためには、まずNATAが認定する大学・大学院に通いながらプログラムを修了しなければいけません。 学校は全米に約350校あるといわれています。

そのほか、

  • 指定されたインターンシップの時間数(700~800時間程度)をクリアすること
  • 卒業後、認定資格である「BOC certification exam」に合格すること

これらも受験するための条件としてあげられています。

NATA-ATCの合格率はどのくらい?

2010年代のデータで約80%ともいわれていますが、これは海外におけるデータです。 認定試験には、筆記試験、実技試験、コミュニケーション試験も含まれますので、相当堪能な英語力が求められるでしょう。 よって、日本人にとってのNATA-ATCは、超難関資格と評されるようになったのです。

NATA-ATCの資格を取得すると得られるメリット

NATA-ATCの資格を持っているから、優遇が受けられるといったことはないようですが、海外でも認知度の高い資格なので、グローバルに活躍したいのであれば持っていて損はないでしょう。ただ、海外で活躍したいのであれば、それ以前に英語でのコミュニケーションが必須なので、まずはそこをクリアする必要があります。

NATA-ATCの資格取得後の進路は?

NATA-ATCは、海外でも通用する知名度の高い資格です。この資格があれば、海外のスポーツチームのトレーナーはもちろん、テーマパークでのショーや、サーカスの出演者をサポートするといった仕事を得られる可能性もあります。 パーソナルトレーナーとしてグローバルに活躍したいと考えるのであれば、NATA-ATCの取得は必須となるでしょう。

未経験からでも資格取得を目指せる
パーソナルトレーナー養成スクール
ASP セカンドパス プロジム
通学期間 2~6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
通える時間 平日:
10:00~22:00
土日:
10:00~22:00
※上記時間内いつでもOK
平日:----
※日曜のみ通学可
平日:
18:00~22:00
土日:
10:00~/15:00~
※決まった時間のみ
通うエリア 新宿 代々木 恵比寿
横浜 池袋
札幌 名古屋 渋谷
大阪 福岡
大阪