NESTA-PFT

NESTA-PFTとはどんな資格?

NESTA-PFTとは、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(National Exercise & Sports Trainers Association)の発行するPFT(Personal Fitness Trainer)ライセンスのこと。

世界的に認知されてる資格のひとつで、日本でもNESTA PFTのライセンス所持を求めているフィットネスクラブも少なくありません。

1人ひとり異なる体質や体調などにあわせ、トレーニングを指導するために必要なパーソナルトレーナーとしての知識を、NESTA-PFTで修得することができます。

たとえば、万人に対応できるコミュニケーション能力や人体のしくみや機能などに加え、自分自身を売り込むためのビジネススキルなども修得可能です。もちろん、トレーニングそのものの高いスキルも身につけることができます。

NESTA-PFTの特徴

NESTA-PFTはトレーナーには必須の資格

パーソナルフィットネストレーナー(PFT)認定はフィットネス・ウェルネス業界では知らない人がいないくらいの知名度の高さを誇るトレーナー活動には必須となりつつある資格です。

そのクオリティの高さは大手のフィットネスクラブからも、とても高い信頼を得ています。プログラムの内容は客のニーズや目標に適正なプログラムを提示できるプロトレーナーの育成。実践的な技術が身につけられます。

科学的根拠からプログラムを作成する力が必要

パーソナルトレーナーにとって大事になってくるのは自分の経験を顧客に落とし込むことではありません。運動生理学、機能解剖学、生体力学、そして栄養学や解剖学などの科学的根拠をもとに顧客の体や心に合ったプログラムを作成することが重要です。

研究データや科学論文などからもどんどん新しい根拠を取り入れていくことが大切。その考え方と使い方、そして知識を学び身につけることができるのがPFTなのです。

ビジネスマインドも身につけられる

プロのトレーナーとして成功するには技術だけでは足りません。特に重要なのはビジネススキルです。パーソナルトレーナーは自分を売り込んで客をつかまなければならないでしょう。

このPFTのプログラムではトレーナーとしての技術はもちろんのこと、ビジネス思考を徹底的に刷り込むこと。これにより自分の力を最大限に発揮できるプロのトレーナーとなれるのです。

NESTA-PFTの資格取得にかかる費用

養成講習

PFT認定を取得する方法は3パターン。ひとつはNESTA PFT認定試験をダイレクトに受験する方法。あとの2つはNESTAが開催する養成講座などを受講して知識、技術を身につけることgア可能です。

ダイレクト

ダイレクトは読んで字の如くNESTA PFT認定試験を講座などで講習を受けずに直で受験すること。PFT認定試験は受験要件がありますので、その要件をクリアしている人しか受験できません。

要件をクリアしているのは主に、長い期間にわたりトレーナーとしてフィットネスの現場で指導経験を持っている人、また、その知識、技術に自身のある人が対象です。

ゼミ

NESTAが開催している養成講座を受講して知識や技術を身につけた後にNESTA PFT認定試験を受験するためのゼミコース。

トレーナーを目指す初心者、あるいはトレーナーをしてはいるがしっかり勉強したことがない方のためのロングゼミコース。勉強はすでに済ませており、実践的な技術を身につけたいという方のためのショートゼミコースがあります。

WEBコース

何らかの理由で通学というカタチで講座を受講できない人にはWEBコースがあります。これはEメールを利用して学習する通信教育スタイル。

通学のコースが数日で学習が終了するのに対し、WEBコースでは通常3ヶ月ほど学習が終了するのに時間が必要になることも。1週間単位で講師より送られてくる課題に対して取り組んで返答していく流れです。

ダイレクトコース料金
教材費 (事務手数料・送料込み) 13,600円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受験料 7,500円
受験・資格登録手数料 36,400円
合計 72,500円(税込)
ロングゼミコース
教材費 (事務手数料・送料込み) 13,600円
ゼミコース受講料(4日間 計32時間) 96,000円
事前講習受講料(8時間) 15,000円
認定試験初回受験料 7,500円
受験・資格登録手数料 36,400円
合計 168,500円(税込)
ショートゼミコース
教材費 (事務手数料・送料込み) 13,600円
ゼミコース受講料(2日間 計16時間) 48,000円
事前講習受講料(8時間) 15,000円
認定試験初回受験料 7,500円
受験・資格登録手数料 36,400円
合計 120,500円(税込)

不合格だった場合の再受験料

もし不合格になった場合でも再度、NESTA PFT認定にチャレンジすることができます。初回受験から1年以内であれば、再受験料は10,000円だけで再度受験することが可能。

また事前講習をもう一度受けたい場合には再度15,000円が必要とでしょう。初回受験から1年以上が経ってしまっている場合は登録手数料などが再度かかってきてしまいますので注意しておきましょう。

不合格の場合
再受験料 20,000円(税抜)

資格の更新料

NESTA PFTの資格取得者は、つねに最新の知識と技術を持っていることが求められます。

そこでNESTA PFTでは資格の有効期限は4年。資格更新にあたりNESTAの各種教材について学習し単位を取得する必要があります。単位は5単位以上が必要で、更新手数料は20,000円。更新のための単位取得の学習にかかる費用もあるので事前確認をしておきましょう。

資格の更新料
更新手数料 20,000円(税抜)

NESTA-PFTはこんな人におすすめ

  • パーソナルトレーナーになりたい人、パーソナルとレーナとして成功したい人
  • クライアントの希望を叶えてあげたい人
  • 科学的根拠を持ったプログラムの作成方法を身につけたい人
  • トレーナーをしているが、自分の知識と技術に自信がない人
  • フィットネス業界で独立開業を目指している人、ビジネススキルとして学びたい人
  • プロのトレーナーであることを資格で証明したい人
  • フィットネスの本場・アメリカなどの海外で将来的に活躍を夢見ている人

NESTA-PFTの受験資格と難易度

受験するための条件としては、以下の点があげられます。

  1. NESTA JAPAN(または医学映像教育センター)でテキストを購入済みである。
  2. 定期的にCPR・AEDの技能トレーニングしている、または資格認定を受けている。
  3. 日本国籍の保有者、もしくは日本での就労可能な在留資格を有している。
  4. 満18歳以上で高等学校卒業以上。または高等学校卒業程度認定試験合格者か、 NESTAが認定する教育カリキュラム修了者。
  5. 次の項目のうち、1つ以上に該当している。
    ・ パーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験が1年以上ある。
    ・運動部指導、フィットネス企業に1年以上勤務経験がある。
    ・ 体育系や医療系の大学・専門学校の卒業者。
    ・ NESTAが認定した養成講座、養成コースを受講している。

NESTA-PFTの合格率はどれくらい?

合格率はおよそ50~60%程度といわれていますが、実技試験がないためしっかりと勉強していれば難易度は高くはないでしょう。

PFTの試験は、筆記のみ。全125問中100問の正解、つまり正答率80%が合格ラインです。

NESTA-PFTの資格を取得すると得られるメリット

からだやコーチングの理解力が高まることで、より効率のよいトレーニング指導ができるようになります。

また、資格所有者ということでクライアントからの信頼も得られるほか、待遇面での優遇も期待できるでしょう。

NESTA-PFTIの資格取得後の進路は?

フィットネスクラブにパーソナルトレーナーとして就職したり業務委託で契約したりするほか、個人での開業する人が多くいます。

未経験からでも資格取得を目指せる
パーソナルトレーナー養成スクール
ASP セカンドパス プロジム
通学期間 2~6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
通える時間 平日:
10:00~22:00
土日:
10:00~22:00
※上記時間内いつでもOK
平日:----
※日曜のみ通学可
平日:
18:00~22:00
土日:
10:00~/15:00~
※決まった時間のみ
通うエリア 銀座(有楽町)
新宿 代々木 恵比寿
横浜 池袋
札幌 名古屋 渋谷
大阪 福岡
大阪