NSCA-CSCS

NSCA-CSCSとはどんな資格?

 NSCAは「National Strength & Conditioning Asocation(全米エクササイズ&コンディショニング協会)」の略です。 この協会が認定するストレングス&コンディショニングスペシャリスト資格が、NSCA-CSCSと呼ばれるものになります。 選手のパフォーマンス向上ならびに、怪我の予防を目的としたトレーニングを組むことができるトレーナーにあてて発行するものです。

パーソナルトレーナーはもちろん、医師やフィットネスインストラクターにもこの資格を持つ方は多いようです。スポーツをする上でのパフォーマンス向上を図る選手向けの資格だといわれています。

NSCA-CSCSとNSCA-CPTの違い

NSCAの日本支部、NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)が発行している資格は大きく2種類あり、1つはNSCA-CPT、もう1つがNSCA-CSCS。この2つには明確な違いがあり、NSCA-CPTは一般人のクライアント向け、NSCA-CSCSはアスリート向けという特徴を持っています。

どちらもクライアントの体調や身体能力に応じた障害予防やスポーツパフォーマンス向上などを目的とした安全で効果的なトレーニング計画を作れるような学習プログラムを導入。さらにNSCA-CSCSは、アスリートに起こりやすい傷病の予防や改善ケア、栄養面やドーピング、生活習慣に関する指導、トレーニング施設の管理や運営など教育的な側面についても含まれています。

NSCA-CPTの認定試験の合格率は約65%に対して、NSCA-CSCSの認定試験はやや難易度が上がり50%ほど。合格するには十分な学習が必要といえるでしょう。独学が難しいと感じたら、NSCA-CSCSの認定を目的としたカリキュラムを組んでいるスクールもあるため、そこをうまく活用していく方法もあります。

スポーツ選手のコンディションを管理するアスレチックトレーナー、スポーツ選手に対してトレーニングの指導を行うストレングストレーナーの方はもちろん、医師やフィットネスインストラクターにも資格を有する方が多くなってきています。

NSCA-CSCSの資格の受験資格と難易度

NSCA-CSCSの受験資格を受けるためには、以下の条件に該当している必要があります。

  1. 以下のいずれかに該当する
    ・4年制大学の卒業している、もしくは卒業見込みである
    ・4年制大学、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構、もしくは海外の大学より、学位を授与されている
    ・高度専門士の称号を付与されている(学部不問)
    ※出願時に4年制大学の卒業証明書、もしくは卒業見込み証明書、または学位取得を証明する書類(学位授与証明書、修了証明書)、高度専門士の称号取得を証明する書類のいずれかが必要。
  2. 出願時および受験時に、NSCAジャパンの会員(正会員、学生会員、英文会員)になっている
  3. 出願時に有効なCPR、およびAEDの認定を保持している ※出願時に有効な認定を保持していない場合、受験日の1年後までに有効な認定証のコピーを提出すること 試験はマークシート形式で実施されます。

資格を取得する前提条件に、NSCAジャパンの会員である必要があり、年会費は10,800円〜18,360円が一般的です。資格取得=この会員になると受けられる特典を紹介します。ます、指導中にお客様にさせてしまった怪我などの保証、ジャパン指導者賠償責任保険に加入できたり、NSCAが主催する研修会やイベントに参加できます。

NSCA-CSCSの会員向け研修会(一例)

NSCAジャパン東海地域ディレクターセミナー

  • 【日時】2020年4月26日(日)
  • 【講義】10:00~13:00
  • 【実技】14:00~17:00
  • 【場所】静岡県さわやかアリーナ袋井市総合体育館

会員資格

NSCA会員の入会対象制限はありません。

申請の流れ

NSCAジャパン公式サイト、申し込みフォームを開き必要事項を入力後、年会費を支払い。申し込みフォーム受信と年会費の支払いが確認できた時点で、NSCAジャパン会員として登録されます。

費用

  • 正会員:年会費13,200円
  • 学生会員:年会費11,000円

必要単位と単位取得方法

必要単位はありません。

NSCA-CSCSの合格率はどのくらい?

合格率は約50%といわれています。基礎科学セクションの合格率の方が、実践・応用セクションよりも高いようです。なお、2つのセクションに合格しなければ、CSCSとして認定されません。合格のボーダーラインとしては、スケールド・スコアが70。(Scaled scoreとは、統計的に算出した相対的スコアのことです)

NSCA-CSCSの資格を取得すると得られるメリット

アスリートの指導に向いている

パーソナルトレーナーを名乗る上では、特別な国家資格はありません。しかし、大手フィットネスクラブとの業務委託契約などでは、「経験がある」「資格所有者である」ことが求められます。NSCA-CSCSを取得している方の多くは、パーソナルトレーナーやスポーツチームのストレングスコーチなどの仕事で活躍しています。

NSCAの上位資格であるため、パーソナルトレーナーでは店長クラスや後輩の育成など、指導的な役割を担っている人も多く、キャリアアップしていく上で、この資格は重要なポジションにあると言えるでしょう。

社会的信頼がある

ネット社会である現代、お客様の中には綿密にジムやトレーナーのプロフィールで経歴や資格を調べる方がいます。NSCA-CSCSは、受験条件のハードルも認定試験の難易度も高くなるため、その分信頼を得るための重要なポイント。アスリートを個別に指導するパーソナルトレーナーや、個人でジムを経営する際も信頼を得られる看板として大きなメリットになるでしょう。

キャリアアップにおすすめの資格

現役のトレーナーでも、NSCA-CPTの取得率は高いですが、NSCA-CSCSの取得率はまだ少ない傾向に。国内のフィットネスジムやプロのスポーツチーム、さらには海外のフィットネス業界でも通用するNSCA-CSCSの資格は、今後主にスポーツ選手やアスリートなどを対象としたトレーニング指導を行いたい方には、とくに取得をおすすめしたい資格です。

NSCA-CSCSの資格取得におすすめのスクール

新宿医療専門学校

医療系国家資格(柔道整復師、はり師、きゅう師)の取得を目指しながら、在学中にNSCA認定資格(CPT、CSCS)の取得も目指せる専門学校です。校内にトレーニングルームを完備し、インターン実習先も充実しています。

受講期間 授業コース 費用
新宿医療
専門学校

1年間
(授業:86時間)

スポーツトレーナー育成プログラム
※新宿医療専門学校在校生のみ

178,300円
(受講料+NSCA-CSCS試験料)

おすすめなタイプ

スポーツトレーナーとしての資格はもちろん、きちんとした医療系国家資格も取得したい人におすすめです。

新宿医療専門学校を利用した人の声

アメフトの現場へインターンとして参加しており、学校だけでは学べない実践的なスキルをみがいています。

参照元:新宿医療専門学校公式サイト(https://www.ssjs.ac.jp/sport-trainer/interview/)

新宿医療専門学校の基本情報

  • 所在地:東京都新宿区左門町5番地
  • 電話番号:0120-207-750
  • 開講時間:9:00~12:10(スポーツトレーナー育成プログラム)

Dr.トレーニングスクール

アメリカのスポーツ界でトレーナーとして活躍し、帰国後は有名アスリートや人気タレントのトレーナーとしても活躍する山口元紀氏が代表を務めるスクールです。海外経験豊富なプロが複数所属し、グローバルスタンダードのスキルを学べます。

受講期間 授業コース 費用
Dr.トレーニングスクール

5ヶ月

グループコース
(ベーシック+アドバンス)

660,000円

おすすめなタイプ

フィットネス大国のアメリカで活躍していたプロから、世界水準のスキルを学びたい人におすすめです。

Dr.トレーニングスクールを利用した人の声

講師の方々が具体的な指導を行ってくれ、トレーナーとして格段にレベルアップできました。

参照元:Dr.トレーニングスクール公式サイト(https://drtschool.jp/impressions)

Dr.トレーニングスクールの基本情報

  • 所在地:東京都豊島区目白3-17-23 AVIWSビル5F
  • 電話番号:070-3576-1561
  • 開講時間:要問合せ

東京スポーツ・レクリエーション専門学校

スポーツに関する様々な分野で活躍する「プロ」を育成している、スポーツ特化型の専門学校です。NSCA-CSCSの取得を目指せるコースも複数用意されており、自分の目指すべき将来像やライフスタイルに合わせて選択することができます。

受講期間 授業コース 費用
東京スポーツ・レクリエーション専門学校

2年制

アスレティックトレーナー専攻/
パーソナルトレーナー専攻

1年次:980,000円(入学金+授業料)

おすすめなタイプ

あらゆる分野で活躍する一流の現役プロ講師陣から、実践的なスキルを学びたいと考える人におすすめです。

東京スポーツ・レクリエーション専門学校を利用した人の声

学校でプロとしてプレーヤーをサポートすることを学び、現在はトップリーグのラグビーチームでトレーナーを務めています。

参照元:東京スポーツ・レクリエーション専門学校公式サイト(https://www.tsr.ac.jp/getajob/obog/)

東京スポーツ・レクリエーション専門学校の基本情報

  • 所在地:東京都江戸川区西葛西7丁目13-12
  • 電話番号:0120-61-9090
  • 開講時間:要問合せ

NSCA-CSCSの資格取得後の進路は?

NSCAの認定資格には、CSCSのほかCPTというものもあります。 パーソナルトレーナーの中には、NSCA-CPTは取得しているけれど、NSCA-CSCSは持っていないという方も多いようです。 これからパーソナルトレーナーを目指す方にも、すでにパーソナルトレーナーである方にも、NSCA-CSCSは自身のスキルを開示するために有効な資格となります。

ちなみに、CSCSは主にアスリートを対象としたトレーニング指導を行いたい方向け、NSCA-CPTは一般の方に合わせた指導を行い方向けです。このように考えると、自分が目指す進路、その進路に必要な資格がわかりやすいと思います。

未経験からでも資格取得を目指せる
パーソナルトレーナー養成スクール
ASP セカンドパス プロジム
通学期間 2~6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
通える時間 平日:
10:00~22:00
土日:
10:00~22:00
※上記時間内いつでもOK
平日:----
※日曜のみ通学可
平日:
18:00~22:00
土日:
10:00~/15:00~
※決まった時間のみ
通うエリア 銀座(有楽町)
新宿 代々木 恵比寿
横浜 池袋
札幌 名古屋 渋谷
大阪 福岡
大阪